プログラマが基盤のフリーエンジニアの準備

IT業界で活躍できるプログラマの共通の考え方として、プログラミングを学ぶ上では各々の言語を学んで使いこなせるようになることよりも、共通して必要となる考え方やアルゴリズム、論理的思考能力を身につけることが必要であるというものがあります。
これは、プログラミングを学んでいく上では必要な考え方であることは間違いなく、そういった根底にある考え方を学ぶことで、適切なプログラミング言語を選択して開発に携われるようになります。
しかし、プログラマを本業としていてフリーエンジニアになることを考えている場合には、この考え方は必ずしも得策ではありません。

確かに、必要に応じてその場で新しいプログラミング言語を習得していけばよいという考えはできますが、フリーエンジニアとして数多くの仕事を手際よくこなしていくためには、勉強に費やす時間をできるだけ減らさなければなりません。
そのため、フリーエンジニアとなる準備として、多くのプログラミング言語を予め使いこなせるようになっておくことは、プログラマたることを基盤として開発に携わっていくために重要なポイントになるのです。

プログラミング言語の習得に日々を費やしてしまうと、別の方向性で自分のスキルを拡張していくことが困難になってしまい、将来設計が難しくなってきてしまいます。
こういった観点から、フリーランスを始める前に予め必要となる可能性の高いプログラミング言語を習得することが大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>