フリーエンジニアとして働くプログラマ

プログラマという仕事を行っている方の中には、キャリアを積んでいくプロセスにおいてフリーエンジニアという働き方を選択する方も少なくありません。

フリーとして色々な職場に出向いて働くことを通して、市場が必要としているスキルを把握することができますし、同時にプログラマとして技術を向上することができます。

フリーランスで働くことを選ぶ人が存在するのは、当然そこにメリットが見込めるからです。会社員として働いていると、営業成績を向上させたとしてもその結果全てが自分の利益になるという訳ではありません。
基本的には、売り上げも会社側のものとなりますし、販売管理費や役員への報酬、そして企業利益などに回されるので、残った分が給与として従業員に配分されます。

その一方で、フリーエンジニアとして働き出すと、事業収入を獲得するようになります。つまり、自分で稼げばその分が報酬として自分に返ってくることになるのです。さらに、フリーランスになれば、個人事業主という形で企業側と対等な取引を行うことが可能になるため、身に付けているスキルや資格、自分自身の資質や能力を最大限に活かし、会社員として勤務するよりも有利に相手と契約を交わすことができるのです。会社勤務の際にはプログラミングだけこなしていた人も、フリーならば能力によってはプログラミングだけでなく、詳細設計や運用に関することまで自由に仕事を請け負えるようになることも利点です。

企業に属して限られた中で仕事をするよりも、可能性が無限にあるフリーランスとして働くことは大きな違いがあります。そのメリットや価値が【フリーエンジニアを目指すプログラマサポートガイド】に書かれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>